2014年07月15日

猫の譲渡に関してのお願い@

会にはよく里親希望者さんから譲渡条件が厳しいのではと言われることがあります。
●ペット不可住宅だが他にも飼ってる人が多いから大丈夫。
→黙認だから大丈夫と言われますが、賃貸契約上、不可と明記されている場合、やはり譲渡はできません。7年猫を飼育されている方より、管理会社に飼育がばれ猫を処分するか契約を解約するかと通告あり最近保護のご相談があったばかりです。
●年齢が高いが元気だし世話もできるから大丈夫。
→会のお世話係りには介護の仕事に携わっている者もおります。猫は今では15年から20年生きると言われています。仮に60歳の方が子猫を迎えたとして75歳から80歳で高齢の猫のお世話をすることになります。 最期まで病院知らずな猫もいますが、高齢になれば歯が悪くなったり、腎臓や肝臓が悪くなったりと病院のお世話になることが多く、通院や治療費も負担がかかります。また、一人暮らしの方の場合猫の行き場がなく取り残される場合がほとんどです。そういう猫の保護の相談も多数寄せられます。
実際、年配の方でも、ペット不可住宅にお住まいの方でも大切にして下さる方がほとんどでしょう。でも今は大丈夫でも将来状況の変化があるかわかりません。どうかご理解のほどよろしくお願い致しますby あくびん
一押し応援お願いしますm(__)m にほんブログ村 猫 里親募集

ニックネーム あくびん at 06:31| Comment(0) | お問い合わせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。