2017年03月03日

餌やりさんの高齢化

 
 今年に入って、長年交流のあった餌やりさんが亡くなられたと連絡がありました。活動を始めた最初の頃に団地内の猫の全頭手術をした際知り合った餌やりさんの一人です。

いつもにこにこ穏やかな方で、商店街でのフリマの時には猫仲間とお品や古新聞を届けてくださいました。
 
 また、違うTNR現場でお会いした餌やりさんも、雪が降った日に自転車で転倒、病院で亡くなられたとお聞きしました。
 この方は、いろいろな場所に餌をやりに回っていて、餌やり場のひとつであるお店の方がお知らせ下さいました。
 黒猫を1頭自宅で飼っているとお聞きしていたので、みんな猫がどうなったか心配されており、方々の餌やりさんなどにお聞きするも、誰も自宅の場所はわからず、亡くなられて1ヶ月近くたちましたが、ブログコメントからのご相談より、偶然ご相談の猫が亡くなられた餌やりさんの飼い猫とわかり、町内会長さんやご近所の皆様のご協力のもと保護のために動いております。

 猫のためにあちこち回っておられた方だから、残された飼い猫が気がかりだったに違いありません。打つ手なしと皆あきらめかけていたところだったので、Mさんが導いてくれたんでしょうか?
 早く保護できるよう頑張ります。

  
 茨木市内の公園へ餌やりに通っているという方がおられ、去年の夏頃、自宅で倒れて骨折し、動けなくなっているところを同じ餌やり仲間が見つけて入院となりました。

 発見できたのは、毎日、雨だろうと盆正月も関係なく餌やりにこられるのに、3日続けて来られない、電話してもでない、これはおかしい!となってうろ覚えに聞いた団地まで行き、管理人さんに事情を話して部屋に入って無事病院へという流れだそうです。
 猫が心配という想いで、つらいリハビリも積極的におこない、病院の先生もびっくりの快復力?で退院され今も元気に公園に通っておられます。

 子宮脱猫がいた団地でも、餌やりさんがトイレで倒れているのを発見され、病院へ。入院期間が長くなり、しきりに餌をやっていた猫の心配をされていたとか。

 6頭いた猫たちは散ってしまいましたが、唯一さびだけはまるで忠犬ハチ公のように餌やりさんの帰りを待っていたそうで、さびがびっくりするほど大声でないたので外を見ると、向こうからひょっこりひょっこり餌やりさんが現れて、思わず涙する感動の再会だったと近所の方が教えてくれました。


さび   「ぎにゃ!」 (おかあちゃん!)

餌やりさん「さびちゃん?」

さび   「にゃ!にゃにゃにゃ!!」(おかあちゃん!私はここよ!!)

餌やりさん「さびちゃん!」

さび   「ぎにゃにゃー!!!」(おかあちゃ〜ん!!!)

餌やりさん「さびちゃん!!」

注:()内訳は近所のおばさんによるものです。

 最近では、他の餌やりさんとお会いすると、餌やりをいつまで続けられるのか・・・というお話になることがよくあります。

 私の知っている餌やりさんはだいたい60代以上、中には80歳過ぎている方もおられます。

 外猫は飼い猫より寿命が短いといわれていますが、新たに産まれると、最期まで看取ることはできません。

 1代限りの命、猫たちが寿命を全うするまで見守り、お世話をしていくためにも不妊手術はかかせません。

 今関わっている団地でも、手術するのはかわいそうといわれる餌ややりさんがおられ捕獲手術が難航しています。

 子猫の時から餌付けされ、ある日突然餌がもらえなくなる方がよほどかわいそうと思うのだけど。難儀やな〜。

by あくびん

一押し応援よろしくお願いいたします
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


日時:3月5日(日)10:00〜17:00 いつお越しいただいてもOKですが、最終入店は16時半とさせていただきます、予約不要です。

場所:「カフェぽぉ」(高槻市東五百住町3-6-24)   
http://takatsukicafe.jimdo.com/

最寄駅:JR摂津富田駅・阪急富田駅から徒歩10分
お車でお越しの場合、駅周辺のコインパーキングをご利用ください。
 
*入店時に1ドリンクオーダーいただきます喫茶店(ドリンク代はALL300円)

譲渡会ではビビッちゃって本領発揮できな〜い猫(泣)と言う猫のための場にしていきたいと考えています。

今回は中猫から大人猫が参加予定です。参加猫の情報は、高槻ねこの会のブログ等でご紹介します。


カフェの奥のお部屋で、できるだけ猫が寛げるよう眠い(睡眠)試行錯誤しながらの譲渡会となります。お時間あればぜひいらしてください。

お問合先:高槻ねこの会 takatuki_neconoie@yahoo.co.jp






 
 

ニックネーム あくびん at 18:38| Comment(0) | ねこの家 猫たちの毎日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2月新入りジュリアーノ君インタビュー

今日は2月の新入りジュリアーノ君にお話を聞いてみます。

その前に
押していただきたいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

image/2017-03-03T06:31:05-1.jpg
 
フナコ:ジュリアーノ君、どうしてねこの家にやってきたんですか?


ジュリ:あんな、オレな、とある神社とその近くで住んでてん。
仲間もいっぱいおってな。ある日仲間がベンチを汚してしまってん。でもネコやから自分で掃除できひんやろ。


フナコ:そうですね。


ジュリ:それで近所の人間に嫌われてしまってな。出ていってほしいって言われてん。イジワルされたこともあるねん。助けてくれようとした人もおったけどな。居場所がなくなってしもてん。


フナコ:そうですか……。ここで新しい居場所を探しましょうね。


ジュリ:うん。でもまだ人間を信じていいかわからへんねん。フナコにもいっつも牙をみせてごめんな。


フナコ:いいんですよ。信じてもらえるように頑張りますね。まだまだ先ですがいつかジュリアーノ君を守ってくれる家族をみつけましょうね。


ジュリ:まだまだやけど、オレがいることを喜ぶ人がどこかにおったらいいな。生まれた意味を知りたい。家族を募集するときはよろしくな。


フナコ:わかりました。


ジュリアーノは参加しないけど
3月5日、いよいよあさっては大阪府高槻市東五百住にあるカフェぽぉさんの奥の部屋をお借りして猫譲渡会を開催します。
最寄り駅はJR摂津富田、阪急富田です。駅から10分位歩きます。お店に駐車場はありません。
ワンドリンク300円が必要です。



By ジュリアーノwithフナコ







ニックネーム あくびん at 07:17| Comment(0) | 保護猫 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする